「新PSG 睡眠塾」は、PSG という技法を中心に置きながら、ハンズオンで睡眠について学び、考えていただく機会を医療スタッフに提供し、睡眠医学に関する人材育成および教育を目的としています。2003 年12 月より「PSG 睡眠塾」を開始し、睡眠検査に携わっている医療スタッフを対象にPSGの実施方法や記録の実際、スコアの実習などを中心として、2003 年12 月より「PSG 睡眠塾」を10 回にわたって開催してきましたが、徐々に問題になってきたのは、何を目的としてPSGを用いるか、医師がどのようにオーダーしてその結果をどう解釈して臨床にいかすかという一番重要な点が抜け落ちたままで日本では物事が進んでいることです。また、PSGを臨床目的で行う場合と研究目的で行う場合では何が違うのか、治療の過程でPSGをどのように利用するのかといった知識も伝達されておらず、一見、PSGは実施されているが、睡眠医学を担う者全員が知らなければならなり共通語としての役割を果たしていないことも見えてきました。教える側のスタッフも充電期間をいただき、自分たちで問題点を整理していった結果、2010年より「新PSG睡眠塾」として再スタートを切ることになりました。対象者を真に睡眠医学を学ぶ方に絞り、一方的に知識を提供するのではなく、双方向的に問題解決型の学習を合宿形式で行っていきます。すでに睡眠臨床や研究に従事している者が後輩や初心者とペアで参加できるような工夫をしていますので、今後の進展にご注目下さい。

第10回新PSG睡眠塾開催のお知らせ

※次回の開催が2017年12月9日、10日にまたまた淡路島で開催することになりましたので、詳細はまた日程が近づいたら掲載します(2016.11.17)



第9回新PSG睡眠塾での写真 

PSG睡眠塾の歩み

第9回新PSG睡眠塾(2016年11月12日-13日)の内容

第8回新PSG睡眠塾(2015年12月5日-6日)の内容

第7回新PSG睡眠塾(2014年11月1日-2日)の内容

第6回新PSG睡眠塾(2013年12月21日-22日)の内容

第6回新PSG睡眠塾 参加記

第5回新PSG睡眠塾 参加記

第5回新PSG睡眠塾(2013年2月9日-10日・広島)の内容

第4回新PSG睡眠塾(2012年1月21日-22日・鹿児島)の内容

第3回新PSG睡眠塾(2011年7月2日-3日)の内容

第2回新PSG睡眠塾 参加記

第1回新PSG睡眠塾 参加記