開催日 内容 presentor
第16回 2015.02.07 米国睡眠センターでの研修の経験から考える、睡眠に関わる検査技師の日本でのキャリア形成について
大阪大学医学部附属病院睡眠医療センター 中内 緑

  開催日 内容 presentor
第15回 2014.09.27 International Classification of Sleep Disorders 3rd (睡眠関連疾患国際分類第3版)のあらましについて
関西電力病院 睡眠関連疾患センター 立花直子
大阪大学こどものこころの分子統御機構研究センター
松澤重行

   開催日 内容 presentor
第14回 2014.02.22 睡眠初診の問診と検査へのつなぎ方
関西電力病院 立花直子
OSAS治療において歯科へ紹介する際の実情
関西電力病院・徳島大学神経内科 谷口浩一郎
神経内科からの困った睡眠紹介の実情 関西電力病院 立花直子
OSHNet運営会議  

   開催日 セッション 内容 presentor
第13回 2013.10.05 症例検討会 日中の眠気を訴える18歳男性 PSGデータ、その他検査所見を見て皆さんと議論していきたいと思います。
大阪回生病院睡眠医療センター 村木 久恵

   開催日 セッション 内容 presentor
第12回 2013.04.06 呼吸イベントの解析 20分の講義のあと皆さんと実際のデータを見ながら解析を行っていきます。
徳島大学病院
診療支援部 臨床検査技術部門 中内 緑
第32回社会精神医学会報告
シンポジウム「睡眠とその関連疾患にかかわる社会精神医学的問題」を中心に
全体まとめ
思春期の睡眠臨床ー社会精神医学の視点から考える
睡眠関連疾患のDirect-to-Consumer(DTC) Advertisingがもたらす光と影
関西電力病院 睡眠関連疾患センター 立花直子

兵庫県立リハビリテーション中央病院 小児科 松澤重行

開催日
セッション
内容
presentor
第11回
2012.11.17
PSG判読のABC テーマ :みんなで解析arousal編 こちらで用意したデータを見ながら、皆さんと解析を進めていきます OSHNet 教育委員

開催日
セッション
内容
presentor
第10回
2012.6.16
PSG判読のABC テーマ:みんなで解析実習 紙に印刷した同一のPSGデータを参加者の皆さんに配布し、各自で解析していただいた後に、 全員でそれぞれがどのように解析したかをディスカッションしていきます。 (データはこちらで用意します) OSHNet 教育委員
スリープコミュニティ What's New ? 「クローズアップ睡眠:睡眠時間の短さと不眠と睡眠不足はどう違う?」 大阪大学 保健センター
三上 章良

開催日
セッション
内容
presentor
第9回
2012.2.18
PSG判読のABC テーマ:REM睡眠へのINとREM睡眠からのOUTをどう判断するか REM睡眠へのINとREM睡眠からのOUTが判断しにくかったraw dataを持ち寄ってdiscussion ますたに呼吸器クリニック
今田晶子
京谷クリニック
向井美沙子 
スリープ・コミュニティ What's New?(教育セミナー) AHIの起源ー取り扱い注意の数値 関西電力病院
立花 直子
スリープ・コミュニティ What's New?(教育セミナー) 回生病院型の睡眠センターを日本で運営する場合の長所と短所を長期観点からふりかえる 大阪回生病院
谷口 充孝

開催日
セッション
内容
presentor
第8回
2011.12.17
スコアリングブートキャンプ:テーマ Stage 2 Stage 2と判断しにくかったraw dataや薬物の影響が認められるraw dataを持ち寄ってdiscussion 大阪回生病院 松下真紀子関西電力病院 立花 直子
スリープ・コミュニティ What's New?(学術集会報告) 4th Congress of World Association of Sleep Medicine
(第4回 世界睡眠医学会学術集会)報告
大阪回生病院 大倉睦美・村木久恵
スリープ・コミュニティ What's New?(特別講演) 「自然な眠りを誘うロゼレムは、どうやって生まれたか?」 武田薬品 医薬研究本部
化学研究所
所長 内川治

開催日
セッション
内容
presenter
第7回
2011.4.16 スコアリングブートキャンプ 患者一名分のPSGデータの解析 大阪回生病院 村木久恵
スリープ・コミュニティ What's New?  63th Annual Meeting of American Academy of Neurology (第63回 米国神経学会年次総会)報告 関西電力病院 立花直子

開催日
内容
presentor
第6回
2010.11.20
マウスピース使用効果評価のためのPSGにおいて呼吸イベントの判定が困難であった一例  大阪回生病院 松下真紀子
睡眠中にα波様波形の出現により睡眠段階判定が困難な上、CPAP処方圧決定に苦慮した一例       掛川市立総合病院 赤堀真富果
AASM case book of Sleep walking and/or alcohol intoxication? (p244-247) 大阪回生病院 谷口 充孝
OSAS臨床における歯科診療の実際 大阪大学歯学部附属病院 顎口腔機能治療部
佐々生 康宏

開催日
内容
presentor
第5回
2010.4.17
MSLT時にREM睡眠の判定に悩んだSSRI服用中の症例 大阪回生病院 松下 真紀子
Stage2にて周期的な開眼が認められたNREM parasomnia疑いの症例 京谷クリニック 中内 緑
AASM Case Book of Sleep Medicine, A preschool age child with obstructive sleep apnea (p121) 兵庫県立総合リハビリテーションセンター中央病院
松澤 重行 
耳鼻咽喉科から見た睡眠障害と睡眠医療 帝京大学医学部耳鼻咽喉科教室 
鈴木 雅明

開催日
内容
presentor
第4回
2009.12.19
異常脳波かどうかの判断に悩んだOSAS患者の一例  ますたに呼吸器クリニック 柴田理恵
夜間の行動異常を主訴に来院した患者の検査所見について 大阪回生病院 村木久恵
AASM Case Book of Sleep Medicine, Obstructive sleep apnea syndrome (Complex sleep apnea variant) (p85-87) 大阪回生病院 岡村城志
OSAS治療における口腔内装置の位置付け〜チームアプローチという観点から歯科が知りたいこと、知ってほしいこと Faculty of Dentistry、University of British Columbia 津田緩子

開催日
内容
presentor
第3回
2009.10.17
解析に苦慮したsleep apneaを伴うidiopathic RBDの一例   関西電力病院  丸本圭一
右前脛骨筋に限局して出現したartefactが取り除けなかった一例  京谷クリニック 中内緑
PSG上RWAと判定できるエポックがなく、stage 2の直後に異常行動の出現がビデオにて確認できた一例 京谷クリニック 中内緑
AASM Case Book of sleep Medicine :Straightforward restless legs syndrome (p261-264) 関西電力病院 谷口浩一郎
歯科から見た睡眠医学と睡眠医療 大阪大学大学院歯学研究科 加藤隆史

開催日
内容
presentor
第2回
2009.05.16
・就床時刻が遅くなり、朝起きにくいという訴えがあり、PSGにて記録夜後半に徐波にアルファ波の混が多く、スコアに苦労した例(28歳 男性) 京谷クリニック 向井美沙子
・入眠時や再度入眠時に頭の中で爆発音が聞こえて眠りにくくなることを主訴とした例で記録中どのようにしてその現象が起こったことを検査者に知らせるかを工夫し、いびきがその音ではないかということが疑われた例55歳 女性) 大阪回生病院 村木久恵
AASM Case Book of sleep Medicine :Factors That Can Invalidate the MSLT (p147-150) 大阪回生病院 大倉睦美
小児科における睡眠診療〜発達障害児における睡眠改善の効果・CAP解析と発達との関連について〜 大阪大学子どものこころの分子統御機構研究センター 加藤久美

開催日
内容
presentor
第1回
2009.04.18
・呼吸イベントがWakeとスコアされたページにひっかったときにはどのように処理しているのか?(典型的なOSAS重症例全般において) 関西電力病院 丸本圭一
・主訴は夜間こむらがえりだが、PSGを記録するとPLMSとスコアできる動きが多く、しかし、ビデオで見ると典型的な足関節背屈ではない下肢の動きを示す例について、何をどのようにスコアするべきなのか?(76歳 女性) 大阪回生病院 村木久恵
・CPAP titration中に急に動き出してベッドから落ち、直後には夢内省があったが、行動の直前のPSGがスコア困難であったOSAS例(71歳 女性)
・PSG記録中に時間経過とともに2段脈が頻発し、PSG前後の覚醒時やPSG中のWASO時には全く不整脈が認められない例についてattendingの技師はどうするべきだったのか?(12歳 男性)
・長期にわたってナルコレプシーとして治療されてきた例で認められたRWAと解釈できる部分の臨床的意味(50歳 女性) 上島医院 武田毅治
AASM Case Book of Sleep Medicine OSAS with insomnia (p69-72) 関西電力病院 杉山華子
アイオワ大学睡眠センター訪問の報告 関西電力病院 杉山華子
睡眠医学後進国におけるRLS診療の悩み 関西電力病院 立花直子




top