枕元にタマネギを置いたら寝つきが良くなると聞いたことがありますが、香りと睡眠は関係があるのでしょうか?

香りの成分の中で、緊張をほぐすことによって、寝つきをよくしたり、途中で目覚める回数を減らす成分(セドロールなど)があることが報告されています。多くの場合、香りが直接睡眠の質に影響を与えるというよりも、アロマセラピーなどで用いられるように、寝床につく前に自分の好みの香りを用いることによって、睡眠前の緊張をほぐし、リラックスさせる結果、二次的に睡眠が良くなると考えられます。