年をとってきたら、ものすごく朝早く目が覚めるようになるのはなぜですか。

人間には体内時計があり、ホルモンの分泌や体温がほぼ1日の周期で上下するように調節されていますが、この働きが年齢とともに少し鈍ってきて、全体的に早目になる(地球の24時間に対して前に進む)ことがわかっています。また光や社会的な接触・運動や食事などといった地球の時間を知らせてくれる周囲の環境により、このリズムは影響をうけます。これらの外的刺激が年をとると少なくなることも、リズムが狂うひとつの原因といわれています。