生理前(あるいは排卵期)に眠くてたまりません。女性の生理リズムと睡眠に関係はありますか?

女性の生理リズムに関連して、強い眠気を伴う過眠症状が出現する場合や、不眠をきたす人がいることが知られています。特に、多くの女性が黄体期において強い日中の眠気を経験するようです。なお、黄体期とは、排卵後から生理が始まるまでの時期にあたります。黄体期に眠くなる機序として、黄体期の夜間睡眠の質の低下、黄体ホルモンの催眠作用、あるいはメラトニン分泌の変化の影響など、いくつかのメカニズムがその原因として考えられていますが、一定した見解は未だ得られていません。いずれにしても、月経周期に伴う体内のホルモンバランスの変化が睡眠に影響を及ぼしているものと思われます。