「まくらが変わると眠れない」というのは、ほんとうにあるのでしょうか?

人間では、発達した重い脳を2本の足で支える必要性から、背骨から首にかけてS字のカーブを描き、体重を前後に分散させるようになっています。まくらの役割は、この首から背骨にかけての自然なS字形を眠っているときにも保つことにあります。体に合わないまくらを使っていると眠りが浅くなり、肩こりなどの原因にもなります。
まくらの合わない第一の原因は一般的に高さであることが多く、特に高すぎるまくらは、首の下に隙間ができ、あごが引けた状態になるので、肩や首の筋肉へ負担がかかり、頭痛・肩こり・いびき等の原因になります。逆に低すぎる枕では頚椎(くびの骨)を支えられないので負担がかかり、寝違えや肩こりを引き起こす原因となります。また、硬さや触感もまくらが合わない原因となることがありますが、硬さや肌触りは、ひとそれぞれ好みがあるので、基本的には個々人が気に入った素材のものを選ぶことが大切です。
このような点から考えると、「まくらが変わると眠れない」というのは、個々人の好みを含む心理的な側面と、体型などにまくらが合わないといった形態学上の問題がからみあっているものと考えられます。