とても寝相が悪いのですが、治る方法はありませんか?

こどもさんの場合、寝相が悪いというのはあまり珍しいことではありません。成長につれて、寝相が良くなっていくことがほとんどです。あなたの眠る環境はどうでしょうか?騒音に悩まされてはいませんか?寝具は快適ですか?眠る環境に問題があり、しっかり眠れないために寝返りが増えたりしているのかも知れません。寝ぼけて動いたりすることはありませんか?こどもでは、寝ぼけて寝具の上で動き回ったりすることがあります。寝相が悪い場合、単に寝相が悪い場合と、何らかの睡眠に関わる病気のために寝相が悪くなる場合があります。昼間に居眠りしてしまったり、常に眠い などの眠気の症状はありませんか? または、足がむずむずして眠りにくい(「日本語版 RLSと生活していくためには」をご覧下さい)ということはありませんか? 眠っている間に息を止めたり、いびきをかいたりしていませんか?(「スリーピーのスイミン物語」をご覧下さい) もし、これらの症状がある場合、病気のために寝相が悪くなっているのかも知れないので、睡眠専門医に相談された方が良いでしょう。寝相を治す というのは難しいことですが、しっかり眠れる様にすることが最も大切ですし、寝ている時に怪我をしないようにする工夫も特にこどもさんでは重要です。