徹夜で仕事をするときなど、栄養ドリンクをよく飲みますが、友人に「明日の元気を今日もってきているようなもので、体に無理がかかり、よくない」といわれました。栄養ドリンクを飲むと眠くならないのはなぜですか。また、体に負担がかかるというのは本当ですか?

栄養ドリンクの中には、カフェインなど、交感神経系を活性化し、覚醒度を高める成分を含むものがあります。このため、コーヒーなどと同様、これらを眠気覚ましに使用する人がいるのも事実です。しかし、ほとんど覚醒度を高める成分が含まれていない商品でも、プラセボ効果によって、目が覚めたと感じる人もいるものと思われます。(プラセボ効果というのは、直接薬理作用のないものによりもたらされる症状や効果のことをいいます。)いずれにしても、よりよい睡眠をとるには、入眠前に興奮を抑え、リラックスして就床することが必要ですが、このような栄養ドリンクを飲むことはまさに逆の効果が現れることになります。