晩酌は、夜間の睡眠にとって百害あって一理無しとは、本当ですか?

眠れない時にアルコールを飲んで眠るという対処をしている人が多いようですが、長期に続けると逆に、睡眠障害の原因となってしまうことに注意が必要です。睡眠薬がわりにアルコールを飲用すると、アルコールの中枢抑制効果(脳の活動を静める効果)によって、寝つきやすくなります。しかし、およそ2〜3時間でアルコールが代謝されるため、睡眠後半で急に血中濃度が低下することにより途中で目が覚める原因となります。また、アルコールには利尿作用もあるため、尿意で目覚める回数が増えたり、いびきをかきやすくします(「あなたのいびきはどんないびき?」参照)。また、連用すると身体が慣れてしまって、寝つきを良くする効果も弱まってきます。結果として、アルコールの量も次第に増えていき、悪循環に陥ってしまいます。
したがって、寝酒によって一見寝つきだけは良くなった印象を持つかもしれませんが、全体の睡眠の質を考えると、結果的には睡眠を悪化させる原因となることを知っておく必要があります。就床時間よりかなり前に適量の晩酌をされることはかまいませんが、睡眠薬代わりの飲酒は避けるべきです。