精神安定剤と睡眠薬はどう違うのですか?

病院でもっともよく処方される睡眠薬は、精神安定剤のうちの抗不安薬(マイナートランキライザー、緩和精神安定剤ともいう)と同じくベンゾジアゼピン系の薬です。ベンゾジアゼピン系薬剤の効果には、抗不安作用、催眠・鎮静作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用などがあり、このうちで抗不安作用が強いものを精神安定剤、催眠鎮静作用が強いものを睡眠薬として使うのです。高齢者などで時に見られるふらつきなどの副作用は、筋弛緩作用によるものです。また、けいれんを押さえるために使うこともあります。
睡眠薬にはこのほかに、古くから使われているバルビツール酸系の薬もありますが、一般の内科医が処方することはほとんどありません。また、ゾピクロン(商品名アモバン)やゾルピデム(商品名マイスリー)と云った、新しい非ベンゾジアゼピン系睡眠薬が処方されることも増えています。最近処方箋なしに一般の薬局で買える薬として話題になった睡眠薬は、抗ヒスタミン薬で、アレルギーや花粉症の薬として用いられているものと同じです。
時には、病状によっては抗精神病薬(メジャートランキライザー、強力精神安定剤)や抗うつ薬などの一部も、睡眠を改善する目的で処方される場合があります。