いびきをかくので耳鼻科に行くと、手術を勧められました。手術をすれば治りますか?

「いびき」はよくなるかもしれませんが、少し考えて、主治医の先生としっかり相談してください。いびきをかくということは、睡眠中に気道が狭くなり、空気の通りが悪くなっているということです。睡眠時無呼吸症候群という病名を聞いたことがありますか?いびきは睡眠時無呼吸症候群によく見られるサインの一つの場合があります。或いは、現在は無呼吸がなくても、太ったり、年をとったりすると、単なるいびきから睡眠時無呼吸症候群にまで進んでしまうかもしれません。
睡眠時無呼吸症候群であっても、手術で治療する場合がありますが、その効果や手術の適応なども、未だ充分に検討されているとはいえないのが現状です。手術をしても、無呼吸の回数が減るだけで、完全になくならなかったり、単なるいびきの治療として手術を受けた後から睡眠時無呼吸症候群を発症したりした場合、手術をしたせいで、現在最も有効とされているCPAP療法と云う治療がうまくできなくなってしまう場合もあります。
まず現在の状態を見極め、今後の見通しを含めて、慎重に検討してください。