子供が夜遅くまでTVを見てなかなか寝ません。小学生はどのくらい睡眠時間をとるべきでしょうか?

必要な睡眠時間には個人差があると考えられており、一概に何時間寝たら良いとは言えません。但し、2003年の福田一彦先生のご研究によると、日本の中学校1年生の平均睡眠時間は約7時間半であり、9時間以上が大半をしめる諸外国と比べるとかなり短いのです(ちなみに最も長いのがスイスの10時間で、日本に次いで短いのが台湾とアメリカ)。しかも別のアンケート調査によると"睡眠時間が足りている"と答える小学校高学年児は3割しかいないことがわかっています(雑誌『子どもと健康』)。このことから考えると、あなたのお子さんは睡眠不足ではないかと疑ってかかるのが妥当でしょうね。例えば、土日祝日は、昼頃になってようやく起き出したりしていませんか?この場合には、間違いなく、お子さんの平日の睡眠時間は不足していますので、できるだけ早く眠るように指導しましょう。余談になりますが、就寝時間の直前までテレビを見る習慣は良くないですよ。テレビは頭を興奮させますが、頭を鎮めた方が眠りに入りやすいのです。