昼寝は何歳までさせたら良いのでしょうか?

1999年に草加市で神山潤先生らによって行われた3歳児健診での睡眠に関するアンケート調査では、毎日昼寝する子が33.8%、昼寝を全くしない子が13.4% でした。また、昼寝をしない子供は、昼寝をする子供に比べて、"早寝早起き"であることもわかりました。もし、お子さんが毎日昼寝をするのなら、夜眠る時間が遅く、睡眠不足になっているために昼寝が必要なのかも知れません。シエスタ(昼寝)の習慣のある国もあり、昼寝の習慣は、何歳までにやめなければいけない というものではありませんが、幼稚園や保育園、学校に通う様になると、集団生活に合わせた睡眠習慣をつけることが大事です。眠くてぼんやりしたり、居眠りすることなく快適な生活を送るためには、早寝早起きで十分な睡眠時間を取ることが必要なのです。