私が小さいときには、夜は9時までに寝床に入っていましたが、最近のこどもは遅くまで起きています。こどもは何時頃に寝かせるのが良いでしょうか?

あなたのお子さんは遅寝だけではなく、休みの日に昼まで眠ったりしていませんか?もし、そうならお子さんは睡眠不足です。日本は国際的に見ても、こどもの睡眠時間が短い国で、朝に気分の悪さを訴えたり、朝食を食べられない児童・生徒が多いのが現実です。睡眠時間がどれだけ必要かは個人差がありますが、朝すっきり目覚めて、快適な生活を送れる睡眠時間を得られるような時刻に眠ることが大事です。また、健康的な睡眠習慣を得られるように、小さいうちから習慣づけるということも大切なのです。"寝る子は育つ"という言葉がありますが、事実、こどもが眠っている間にメラトニンや成長ホルモンが分泌されます。メラトニンは体内リズムの調節に関わるホルモンで、この他には朝に光を浴びることもリズムの調節に重要です。成長ホルモンは文字通り、こどものからだの成長に必要なホルモンです。こどもの健やかな発達のためには、早寝早起き、十分な睡眠が大切なのです。なお、詳しいことは、早起きサイトのHPをご覧下さい。