2003年より毎年5月もしくは6月に開催している学術講演会です。医療従事者を対象に睡眠保健および睡眠医療に関する正しい知識の啓発の機会となることを目的としています。

第9回
日 時
 2011年6月2日(木)18:30〜20:30
場 所
 薬業年金会館 6階 601号(大阪市中央区谷町6-5-4)
テーマ
 睡眠における光療法
題名と演者
 一般講演:「CPAP治療のアドヒアランスをたかめるための試み」
佛教大学 保健医療技術学部 教授 漆葉成彦

特別講演:「中高年の睡眠の改善に向けて -とくに光療法の効用について-」
石金病院 副院長 香坂雅子

第8回
日 時
 2010年6月3日(木)18:30〜20:30
場 所
 薬業年金会館 6階 601号(大阪市中央区谷町6-5-4)
テーマ
 ナルコレプシー・「うつ」と「不眠」
題名と演者
 一般演題:「ナルコレプシーの診断」
 大阪回生病院 睡眠医療センター 大倉睦美

 一般演題:「症例を中心として薬物療法の実際 」
 大阪回生病院 睡眠医療センター 部長 谷口充孝

 特別講演:「うつの不眠はうつ症状でよいのか?-残遺不眠の意味するもの-」
 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所・精神生理研究部 部長 三島和夫

第7回
日 時
 2009年6月4日(木) 18:30〜20:45
テーマ
 スリープ・リテラシーの視点から睡眠医学を考える
題名と演者
 一般講演:『健康増進・労働安全衛生のためのスリープ・リテラシー』 
 独立行政法人 労働安全衛生総合研究所 高橋 正也

 特別講演:『睡眠医学の教育について −後継者はいますか?−』
 金沢医科大学 医学教育学
 Integrated Sleep Medicine Society Japan(ISMSJ)代表  堀 有行

第6回
日 時
 2008年5月22日(木) 18:30〜20:45
テーマ
 眠気の診療
題名と演者
 ミニレクチャー:「眠気の診療でおさえておきたいポイント」
 大阪府こころの健康総合センター ストレス対策課長 渡辺琢也

 症例提示:「眠気の診察の実際」
 大阪回生病院 睡眠医療センター 部長 谷口充孝

 特別講演:「過眠症診断の落とし穴」
 秋田大学医学部 精神科学分野 教授 清水徹男


第5回
日 時
 2007年5月31日(木) 18:30〜20:45
テーマ
 睡眠診療施設のあり方をめぐって
題名と演者
 一般演題:「睡眠クリニックのチャレンジ」
 京谷クリニック 院長 京谷京子

 特別講演:「大学病院における睡眠医療施設のあり方と今後の展望」
 獨協医科大学 神経内科 助教授 宮本雅之


第4回
日 時
 2006年5月18日(木) 18:30〜20:30
テーマ
 高齢者とその介護者の睡眠の問題
題名と演者
 レビュー:「認知症介護者の睡眠の状況と問題点」
 大阪大学保健センター 講師 足立浩祥

 特別講演:「高齢者ならびに認知症の睡眠障害」
 愛媛大学 神経精神医学講座 助教授 池田学

第3回
日 時
 2005年5月12日(木) 18:30〜20:30
テーマ
 働く世代の眠気と睡眠をどう考えるか?
題名と演者
 ミニレクチャー:「眠気の原因を考えるための基礎知識」
 大阪府立健康科学センター 立花直子

 症例提示:「社会的要因によるSAS診療の限界」
 大阪回生病院睡眠医療センター 中井直治

 特別講演:「眠り−産業精神保健と地域精神保健とを結ぶもの」
 岩手医科大学 神経精神科学講座 助教授 鈴木満

第2回
日 時
 2004年5月20日(木) 18:30〜20:30
テーマ
 睡眠時無呼吸症候群のスクリーニングにパルスオキシメトリを利用することのPros and Cons 
題名と演者
 賛成:「地域・職域でのスクリーニング経験から」
 筑波大学 社会医学系社会健康医学 助教授 谷川武

 反対:「睡眠時無呼吸症候群診療の現場から見た問題点」
 東邦大学医学部付属大森病院 呼吸器センター(内科) 講師 山城義広

 指定発言:「パルスオキシメータの原理と使用上の注意点」
 大阪大学大学院 生体機能調節医学講座(麻酔科学) 助手 萩平哲

第1回
日 時
 2003年5月22日(木) 18:30〜20:30
テーマ
 スリープヘルス ことはじめ 
題名と演者
 「今の子供たちが大人になったら....」
      東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学 助教授 神山 潤

 「働き甲斐を高めるための眠りと目覚め」
     産業医学総合研究所 作業条件適応研究所 主任研究員 高橋 正也

 「高齢者の快適睡眠と脳、心身の健康 − 快眠のための習慣づけと地域活動 −」
     広島国際大学 人間環境学部 臨床心理学科 助教授 田中 秀樹

 「睡眠呼吸障害診療システムの将来像− 5年でパンクした専門病院の経験をふまえて −」
     大阪回生病院 睡眠医療センター 部長 谷口 充孝