ここ数年、睡眠に対する関心は、医療分野だけではなく、社会においても、ビジネスにおいても高まっています。睡眠に関する情報が氾濫しているといっても過言ではありません。しかし、睡眠に関する本当に正しい知識・認識・行動(スリープ・リテラシー)が広まっているでしょうか?多くの日本人が睡眠不足で健康を害し、労働や勉学の能率を低下させ、事故や怪我のリスクを高めています。睡眠不足による眠気は気合でカバーできるものと間違った認識をしている人も少なくありません。OSHNetでは、「スリープ・リテラシー」を高めるために種々の活動を行っていますが、その中でつくりだした資料や記事を当コーナーにて公開し、医療従事者のみならず、一般の方々が睡眠について考える手助けをしたいと考えています。

この記事は、大阪府保険医協会および執筆者の承諾を得て転載しています。無断で転載、送信するなど著作権者の権利を侵害する一切の行為を禁止します。
・大阪保険医雑誌 2010年7月号掲載分
 「まえがき」
・大阪保険医雑誌 2010年7月号 P4-10
 「日本における睡眠医学の確立を求めて」
 大阪大学保健センター 准教授 
 三上章良
・大阪保険医雑誌 2010年7月号 P11-17
 「睡眠生理の基礎知識」
 東京ベイ浦安市川医療センター 管理者 
 神山 潤
・大阪保険医雑誌 2010年7月号 P18-23
 「日本の勤労者の睡眠とその問題点」
 独立行政法人労働安全衛生総合研究所 上席研究員
 Integrated Sleep Medicine Society Japan (ISMSJ) 役員
 高橋 正也
・大阪保険医雑誌 2010年7月号 P24-29
 「睡眠時無呼吸症候群の診断と治療の実際」
 天理市立病院医局長・人工透析内科部長 
 大西 徳信
・大阪保険医雑誌 2010年7月号 P30-34
 「下肢静止不能症候群 レストレスレッグズ症候群への誤解」
 国家公務員共済組合連合会枚方公済病院 神経内科部長
 兒玉 光生
・大阪保険医雑誌 2010年7月号 P35-40
 「睡眠薬の使い方・つきあい方」
 大阪大学保健センター精神科・大阪大学医学部附属病院睡眠医療センター 講師
 足立 浩祥
・大阪保険医雑誌 2010年7月号 P41-46
 「睡眠ラボと睡眠技士の役割」
 大阪大学医学部附属病院睡眠医療センター 特任研究員
 NPO法人 大阪スリープヘルスネットワーク理事
 Integrated Sleep Medicine Society Japan (ISMSJ)役員
 野々上 茂
・大阪保険医雑誌 2010年7月号 P47-51
 「睡眠センター12年の歩みを振り返って―その光と影」
 大阪回生病院睡眠医療センター  部長
 谷口 充孝
・大阪保険医雑誌 2010年7月号 P52-58
 「睡眠外来から見えてきた日本人の睡眠」
 関西電力病院睡眠関連疾患センター センター長
 徳島大学医学部臨床教授
 NPO法人 大阪スリープヘルスネットワーク理事長
 Integrated Sleep Medicine Society Japan (ISMSJ)創立代表
 立花 直子